2017년 10월 22일
  • rss
  • facebook
  • twitter
  • yahoo
  • weibo
  • nico
  • baidu
  • baidu

韓国京畿道知事の長男、覚せい剤投薬容疑で逮捕

[韓国デイリーポスト=キム・ジョンウン記者]韓国第1野党である自由韓国党の前身であるセヌリ党とハンナラ党所属国会議員4選議員で「チェスンシル国政介入事態」以降、保守系新党「正しい政党」に党籍を移した南景弼(ナム・ギョンピル)京畿道知事の長男(26)南氏が17日夜、麻薬投薬疑惑でソウル警察庁広域捜査隊に逮捕された。

長男はこの日ヒロポンを投薬し、モバイルアプリを介して夜を過ごす女性に会うため、ソウル江南区庁近くのファーストフード店の前で待っていたどころ、潜伏していた警察に現場で緊急逮捕された。

警察は江南区大峙洞の自宅で残りのヒロポン2グラムを押収し、南氏は警察調査で麻薬投薬疑惑を認めた。南氏はこの日、モバイルチャットアプリを介して女性と楽しもうとしたが、女性は薬物捜査にため偽装した捜査官であった。

南氏は取り調べに対し「一人で覚せい剤を数回使用した」と認めた。警察によると中国で覚せい剤を購入後、中国や韓国で数回投薬したという。

ヒロポン投薬疑いで逮捕された南氏は衣料品流通企業に勤めている。2010年中国大学に留学し、1年後に退学した後13年に兵役に就いた。今回の事件のほか、14年軍隊服務当時、新兵を常習的に暴行・セクハラの疑いで懲役8月・執行猶予2年の判決が言い渡されたことがある。

14日から、フィンランドとドイツを訪問中の南知事はフェイスブックを通じて「軍服務中、新兵を暴行した息子が再び犯罪を犯した」とし「国民と道民に申し訳ない」と言及した。

一方、朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領の弾劾以降、急落している南知事の支持率は長男の犯罪行為で回復できない状況に置かれた。最近民主党の李在明(イ・ジェミョン)城南市長の支持率が急上昇している中、国民の強い非難を受けている南知事の再選にも赤信号がついた。

  • facebook
  • googleplus
  • twitter
  • linkedin
Previous «
Next »